イギリスの糸除毛

イギリスの新聞デイリーメールの連載企画「My light bulb moment(私のひらめきの瞬間)」で、イギリスでスレッディング(糸除毛・糸を使った脱毛法)・バーをチェーン展開しているBlink Brow Barの創業者である Vanita Parti さんが取り上げられていました。

イギリスでスレッディング(糸除毛・糸を使った脱毛法)・バーをチェーン展開しているBlink Brow Barの創業者である Vanita Parti さん

イギリスでスレッディング(糸除毛・糸を使った脱毛法)・バーをチェーン展開しているBlink Brow Barの創業者である Vanita Parti さん 出典:http://www.dailymail.co.uk

「My light bulb moment(私のひらめきの瞬間)」は、社会で活躍する様々な女性の「ひらめきの瞬間」についてインタビューするシリーズ企画です。

今回はVanita Parti さんが糸で産毛・ムダ毛を脱毛したり、眉毛を糸で整えるスレッディング・バーで起業しようとひらめいた経緯や、その後の展開などについてお話されています。

My lightbulb moment: Vanita Parti reveals how she became the brow beauty pioneer of luxury stores 【Daily Mail】

※以下は抜粋ですので詳しくは上のリンクより元記事をご覧ください。

Vanita Parti さんが創業したBlink Brow Barは、現在ではスレッディング・バー(糸除毛バー)をイギリス国内に23店舗、海外に3店舗チェーン展開しています。

彼女がはじめてスレッディングを体験したのは13歳の時のこと。

母親に地元のサロンに連れていかれ、はじめてスレッディングで眉を整えました。目が大きくなり、顔が明るくなったことにとても驚いたそうです。

マーケットのすき間 ロンドン中心部に狙いを定めて

Vanitaさんがロンドン郊外のイーリング区に住んでいたある時、アジア系のサロンがスレッディング(糸除毛)を長年提供している=安定した需要があることを知ります。

その頃ロンドンの中心部でスレッディングのサロンのことは聞いたこともありませんでした。

スレッディング・バー(糸除毛バー)というビジネスアイデアがひらめき、自分のビジネスを見つけたと思ったそうです。

その時Vanitaさんの子供は1歳と3歳。子供の世話をしながらのビジネス立ち上げは簡単ではありませんでした。育児の合間に事業計画を書いたり、電話をかけたりして準備を進めたそうです。

そして2004年に、ボンドストリートにある高級デパート「フェニック」のランジェリー売り場に、Vanitaさんは椅子ひとつだけのスレッディング・バーをオープンさせます。

その後評判が広がり、2005年にはハーヴェイ・ニコルズ、セルフリッジズなどのデパートに次々とスレッディング・バーを出店。

現在ではイギリス国内に23店舗、そして昨年にはスレッディングの激戦区であるニューヨークに進出し、ニューヨークの高級デパート「サックス」に2店舗出店しました。

インタビューは

I want all women to know that you can have a career while raising children. If it weren’t for my young children, I wouldn’t have started my business.

出典:デイリーメール

子育て中でも仕事が出来ると全ての女性に知って欲しい。幼いわが子のためでなければ、私は起業しようと思わなかったでしょう。

という言葉で締めくくられています。

ご自身の成功はもちろん、チェーン展開によりたくさんの女性の雇用も生み出されたことも素晴らしいですね。

ロンドンでは低資本で始められるビジネスとしてもスレッディングが注目されているそうです。

ロンドンでは街中に糸除毛サロンが増えています。

ロンドンのスレッディング(糸除毛・糸を使った脱毛)事情

ロンドン中心部にスレッディングサロンがないことから、スレッディング・サロンオープンをひらめいたVanita Parti さん。マーケットのすき間を発見したことが成功につながりました。

現在アメリカやイギリスでは、スレッディング専門サロンの他にもヘアサロンやネイルサロン、まつ毛エクステなどのサロンのメニューとしてもスレッディングはよく行われています。

スレッディング(糸除毛・糸を使った脱毛法)は技術を身につければ、道具が少なく低コストで続けられるので、既存のメニューと組み合わせるメニューとしても取り入れやすいメニューと言えるでしょう。

スタッフ
蝶式糸除毛の創始者シャオ先生も、お子さんが小さい頃に、子育てのために貿易ビジネスから美容業に転身したそうです。 そして、女性の就業のために蝶式糸除毛を教え始め、今でも行政の職業訓練などで蝶式糸除毛を教えています

シャオ先生から糸で脱毛するスレッディング技術を1日で学べる蝶式糸除毛講座は日本でも開催しています。

糸で脱毛するスレッディング技術を1日で学ぶスクール 蝶式糸除毛講座

サロンメニューにスレッディング(糸での脱毛)を加えたいエステサロンや美容室の経営者の方

他店と差別化できるメニューをお探しのサロン経営者の方

リピート率が高いメニューをサロンメニューに加えたいとお考えの方

将来的に独立開業をお考えの方

など、様々な方が全国各地、海外からも受講されています。

スレッディング技術を1日で学べる蝶式糸除毛の詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で