そろそろ確定申告の準備をされているサロンオーナーの方も多い時期ですね。

個人事業主としてエステやリラクゼーション、ネイルなどの自宅サロンや個人経営の小規模サロンを独立開業し、経営が軌道に乗ってくると気になってくるのが税金についてです。

サロン経営で利益が増えてきて節税を意識するようになってきたら、小規模企業共済は掛金の全額が所得控除になり節税効果が高いです。

小規模企業共済のメリット

  • 掛け金の全額が所得控除になる
  • 掛金は月額1000円~7万円の間で自由に設定できる
  • 節税効果が大きい
  • 老後の備えに出来る

個人事業主だと退職金はありませんし、厚生年金ではなく国民年金だけだと老後の備えを自分自身でしておく必要があります。

小規模企業共済は国がつくった「経営者の退職金制度」で、節税をしながら退職金を積み立てているような感覚です。

中小機構の小規模企業共済はサロン経営者の方の場合は常時使用する従業員の数が5人以下の個人事業主または会社の役員だと加入することが出来ます。

  • 節税したい
  • 老後に備えたい

というサロン経営者の方にお勧めです。

小規模企業共済の詳細はこちら(中小機構)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう