将来的にエステやリラクゼーション、アロマ、ネイルなどのサロンを開業したいとお考えの方は多いです。

「将来的に」と言ってもその期限は人によって様々ですが、独立開業までに様々な準備をしておくことで独立開業後のサロン経営は大きく変わってきます。

将来的にサロンを開業したい方が準備すべきこと

1.「いつ独立開業するのか」という期日・時期・日付を決める

まず、これを決めることが第一です。

「いつか開業したい」「そのうち独立したい」と期限が決まっていなければ、中々具体的な行動を起こすことが出来ず、どんどん先延ばしになってしまいがちです。

期日・時期・日付を決めて、期限から逆算して開業準備の計画を作るようにしましょう。

2.サロンの場所・物件

これからエステサロンやリラクゼーションサロンを開業するといっても、

  • 自宅サロンで一人で開業する
  • 物件を借りて、まずは自分一人で開業する
  • はじめから従業員を雇用して開業する

など、どういう規模で独立開業するのかによって必要な資金や準備は大きく変わってきます。

  • 場所:自宅でサロン開業するのか、物件を借りるのか
  • 従業員:自分一人だけのサロンで開業するのか、スタッフを雇用するのか

などによって必要な資金を計算し、必要な準備をリスト化して開業までの計画を作りましょう。

「将来的にエステやリラクゼーションのサロンを開業したいけど、それほど多くの開業資金は貯められない」という場合は立地が良い場所で開業するのは難しいこともあるでしょう。

立地が良いサロンはもちろん立地が集客の役に立ちますが、初期費用や家賃は高くなってしまいます。

立地がそれほど高くない場所や、自宅サロンで開業する場合は立地による集客効果は低くなりますので、その分、他のことで集客する必要があります。

立地は良くなくても、Web集客に力を入れてサロンを繁盛させているサロン経営者の方もいらっしゃいます。

 3.サロンのメニューや取り扱い商材を決める

これは、「どういうサロン、何のサロンにするか」という部分に大きくかかわってきます。

既に独立開業して近隣店舗と競合しても勝負できるだけの技術・経験がある方の場合は既に開業する際のサロンのビジョン・イメージ・コンセプトなどは明確になっているでしょうし、その技術を中心にメニュー化することになることでしょう。

しかし、サロンを開業された方はサロン勤務の経験がある方ばかりではありません。

美容関連の仕事は未経験で、サロン開業をすると決めてからスクールや講習会に行って技術を学んで開業したという方は決して少なくありません。

これから新たに技術を学んで習得し、その技術を生かして開業するという場合は「何のメニューを導入するか」でサロンのビジョン・イメージ・コンセプトなどが変わってきます。

これから新たな技術を学んで独立開業しようという場合、近隣のサロンも行っている「よくあるメニュー」「定番メニュー」だけで勝負するのは得策ではありません。

定番メニューの技術も必要ではありますが、近隣競合サロンが取り入れていない、差別化できるメニューを導入することをお勧めします。

4.サロンで提供するメニューの価格設定をする

価格設定はとても大切です。

サロンに限らず、「値付け」が悪くて利益を出せない企業・個人事業主というのは少なくありません。

小さなサロンが安定経営できるようになっていく、成功していくためには、エステサロン経営で成功するには「価格戦略」より「差別化戦略」にあるように、低価格戦略をとるのではなく、差別化戦略をとって価値を高めるようにしましょう。

価格を下げるのではなく、価値を上げることが大切です。

5.「施術の技術」を学ぶだけではなく、「経営や集客、マーケティング戦略」について学ぶ

エステサロンで成功するには「技術」だけではなく、「集客」も重要の記事にあるように、様々なスクールや講習会・講座に行って技術を学び、練習を重ねて技術レベルを上げてもサロン経営がなかなか軌道に乗らないというサロン経営者の方は少なくありません。

サロンを開業するということは、施術者・セラピストとして独立するということと共に、経営者になるということです。

サロンに限らず、経営者にとって、自社の取り扱い商材・サービスの質を高めることはもちろん大切なことです。

しかし、「良い商品・良いサービスが売れるとは限らない」と言われるように、いくら良い商品・サービスであっても、集客ノウハウ、マーケティング戦略が欠けていると売上には中々つながらないというケースは多いのです。

集客のプロセス、重要性についてはエステサロンで成功するには「技術」だけではなく、「集客」も重要の記事をご参照ください。

この両方を行うと、サロンの安定経営~成功につながっていきます。