エステやネイル、リラクゼーション、アロマなど自宅サロンで開業される方は多いです。

自宅サロンの開業資金と運転資金

自宅の1部屋をサロン用スペースにする場合の自宅サロンの開業にかかる費用はかなり少なく抑えることもできます。

何の技術をサロンのメニューにして開業するかによりますが、最低限必要なものはベッドや椅子などの備品、使用する化粧品類やタオル、消耗品類などで、それらを購入する金額として開業資金を20万円~30万円程度に抑えることも可能です。

実際には他にパソコンやプリンタ、インターネット接続環境なども必要ですが、元々持っているものをそのまま事業用としても使う場合も多いことでしょう。

施術に必要な道具や器具類が高価なメニューで開業する場合はもう少し多めに開業資金が必要になってきます。

また、内装、インテリアにどの程度凝るかどうかによってきます。

このように自宅サロンの開業にかかる開業資金としては数十万円程度に抑えることも可能ですが、開業資金だけではなく、運転資金も考える必要があります。

自宅サロンを開業してすぐにお客様が大勢来店し、1か月目から順調に利益が出るとは限りません。

開業後、赤字期間がしばらく続く可能性と、その場合の運転資金も想定する必要があります。

少なくとも3か月~半年分程度の運転資金は開業時に準備しておく方が良いでしょう。

サロン経営の経費・運転資金

サロンの経費としては

  • サロンの家賃
  • 人件費
  • 広告宣伝費
  • 研修費(開業後もスクールや講座に行って新しい技術や集客・経営について学ぼうとされる方が多いです。)
  • 化粧品類
  • 消耗品費

などが挙げられます。

この中で毎月の固定費として大きいものはサロンの家賃と人件費です。

自分1人で自宅サロンで開業する場合は、このサロンの家賃と人件費がかからないため、毎月の経費が少なくなり、損益分岐点も低くなってくれるのが大きなメリットです。

※賃貸住宅・マンションの場合、サロンの家賃は自宅サロンの場合でも面積比で経費扱いすることになります。自宅サロンの場合でも家賃は経理上は毎月の固定費にはなりますので利益を上げられなければ帳簿上、家賃負担分は赤字になりますが、元々生活費の一部だったものですので、開業後の固定費という感覚にはなりにくい方も多いようです。

※個人事業主の場合は残った利益=所得という形で、少しでも利益が残って所得がプラスであれば黒字という感覚で、自分自身の労働時間に応じた人件費という感覚になりにくい方もいらっしゃいます。ただ、事業を拡大されて将来的に法人化を目指したいという方は、他の経費だけではなく、経営者としての自分の人件費を支払った上で法人に残る利益=法人の黒字という形になりますので、個人事業でも「自分に人件費を支払った上でも黒字になっているか」という意識を持たれることをお勧めします。

その他の変動費は開業間もなくで売上が少ない間というのはそれほど大きな額にはなりにくい場合が多いです。

ただ、広告宣伝についての感覚は大切です。

「技術」を身につけて、固定客(リピーター)を作って、口コミでお客様が増えてサロンが繁盛すればよいな・・・というのは理想的ではありますが、自宅サロンで開業してすぐのサロン経営者の方にとっては現実的ではありません。

もちろん、サロンの集客において口コミはとても大切です。

ただし、口コミで新規顧客が毎月ある程度来店するようになるには、総顧客数がある程度必要になります。

総顧客数が少ない開業後すぐに口コミで多くのお客様が来店するというのは難しい場合が多いです。

エステサロンで成功するには「技術」だけではなく、「集客」も重要の記事にあるように、サロン経営で成功するためには「技術」だけではなく、「集客」がとても大切です。

自宅サロンでの開業は開業資金が少なくて済み、毎月の固定費の中でサロンの家賃負担が少ないという大きなメリットがあります。

その半面、自宅サロンだと立地による集客が難しいという集客面でのデメリットがあります。

自宅サロンは「広告宣伝」に力を入れなければ「集客」は難しいので、集客するための戦略が必要になります。

自宅サロン開業後の集客方法にはブログ・Web集客がおすすめの記事にあるように、インターネットで集客できるようになるのをお勧めします。

※「ウェブサイト(ホームページ)を技術的に制作できる」ということと、「インターネットで集客できる」というのは別の問題です。

何のノウハウも学ばないまま、無料ブログを作ったらお客様が多数来るということはほぼありません。ホームページやブログで集客できるようになるにはWebマーケティングの知識やノウハウも必要になってきます。

サロン経営で成功するための「集客」に関する3つの選択肢+1

自宅サロンの運転資金

本業として自宅サロンを開業する場合

もし、会社を辞めて独立開業するなどという形であれば、本業としてサロン経営をするわけです。

自宅サロンを開業してすぐに開業する前の会社員の頃と同じだけの収入を毎月得られるとは限りません。

開業後数か月間赤字が続いたりしても生活ができるように、少なくとも半年分程度の生活費を開業時点で準備しておきたいところです。

副業として自宅サロンを開業する場合

副業として自宅サロンを開業する場合は、生活費を本業で賄える状態であれば、サロン経営がしばらく利益が出なくても生活に支障はないことでしょう。

そのため、運転資金はそれほどなくても開業することはできます。

自宅サロンでの開業にはメリットとデメリットがあります。

メリット:開業資金や運転資金が少なくて済む

デメリット:立地による集客が難しい分、Web集客など集客に時間またはお金と手間をかける必要がある

 これらは分かりやすい違いです。

しかし、これ以上に大きなデメリットになる要素があります。

自宅サロンのデメリットになる要素

  • 開業資金・運転資金が少なくて済む
  • 副業の場合、黒字にならなくても生活が可能

これらは「リスクを減らせる」という点で、もちろんメリットでもあります。

しかし、リスクが少ないというのはメリットであると同時にサロン経営を成功させていく上でマイナス要素にもなりえる点です。

自宅サロンでの開業の成功率は高くはないとも言われますが、その要因として立地による集客が難しいなどの他に、「抱えているリスクが低い」というものもあるのです。

  • 多額の開業資金をかけて開業した(貯金をはたき、借金をして開業したなど)
  • 家賃や人件費など毎月の固定費が多く、最低限売り上げないといけない金額が決まっている(それをクリアできなければ赤字で店が潰れたり、生活できなくなる。店をつぶすと破産せざるを得ない。)

など大きなリスクを抱えて開業・経営されているサロン経営者の方は売上・利益を上げられなければ大変なので、早期に損益分岐点を超えてサロン経営が軌道に乗るように必死で経営・集客を頑張ろうとし、技術やサービスのレベルも上げようと必死で努力されます。

そうしないと死活問題になるからです。

経営は簡単ではありません。サロン経営者の方に限らず、世の経営者の方は必死で頑張っている方が多数いらっしゃいます。

それは個人事業主、中小企業のオーナー経営者というのは大きなリスクを抱えているからです。

「毎月最低売上○円 粗利●円」など損益分岐点を超えないと、赤字になってしまいます。

そして赤字が続くと事業をやめざるを得なくなったり、生活が成り立たなくなってしまいます。

  • 事業・会社を守るため
  • 家族の生活を守るため

必死で日々経営努力されているのです。

自宅サロンの成功率は低いといわれるのは、立地など外部環境の問題もありますが、「経営者の意識・姿勢」の問題も大きいのが現状です。

自宅サロンの場合、

  • 開業資金は少ない
  • 毎月の固定費も少ない

ということで、抱えているリスクが少ない分、開業した後も

  • 「いつか成功できればよいな~」
  • 「うまくいけばいいな~」
  • 「そのうち利益が出るようになれば良いな~」

など、必死で経営努力しようという意識が低い方もいらっしゃるのが現状です。

さらに、副業での自宅サロン開業の場合は黒字にならなくても生活費の心配がないため、その傾向は高まります。

それが自宅サロンの成功率が低い要因の一つでもあります。

自宅サロンは開業するのは資金的な敷居は低く、比較的簡単ではあります。

しかし、自宅サロンを経営して本業レベル、事業レベルの収入を継続して得続けようと思うと他業種の経営者の方同様、本気で経営努力をし続ける必要があります。

もちろん、必死で経営努力されてサロンを繁盛させられている自宅サロン経営者の方もいらっしゃいます。

そういう自宅サロン経営者の方は本気で、必死でサロン経営を行われています。

※自宅サロンを開業される方の中には「サロン経営で利益を出して成功しよう」 というビジネススタンスの方だけではなく、趣味の延長での副業的なスタンスの方もいらっしゃいます。

そういう場合は他に収入源があるわけで、サロン経営を本気で頑張って本業レベル~事業レベルの収入を得られるようにしていきたいという方とは経営スタンスが変わってきます。

自宅サロンから開業し、本業レベルの収入~事業としての成功を目指したいという場合、サロン経営で成功するには「技術」だけではなく、「集客」も重要です。

サロン経営で成功するための「集客」に関する3つの選択肢+1

サロン経営で集客し、成功するためにはメニュー構成での差別化が必要


サロン経営ナビのfacebookページが出来ました。
サロン経営ナビのfacebookページを「いいね!」していただくと、新しい記事など更新情報がfacebookのタイムラインに表示されます。