エステやネイル、アロマ、リラクゼーションなどのサロンを開業されてから安定経営できるようになり、サロン経営で成功していくためには「技術・サービス」に加えて「集客」がとても大切です。

自宅サロンや個人サロンなど自分1人でまずは小さなサロンから開業した方や、これからサロン開業しようという方は「技術」だけではなく、「集客」や「経営」の方法も学ぶ必要があります。

サロンの集客に対する考え方

  • 「広告宣伝費を使う余裕がない」
  • 集客に必要なマーケティングのノウハウやサロン経営方法を勉強している時間がない」

というサロン経営者の方もいらっしゃいます。

しかし、この両方共を言っていると、集客することは出来ません。

「お金」を使うか、「時間」を使うかのどちらか1つは最低限必要です。

「お金」を極力使いたくないという場合は「時間」を使って自分で勉強し、「手間」をかけて自分自身で広告宣伝・集客をできるようになる必要があります。

「時間」を使う余裕がないのであれば、「お金」を使ってプロに外注するか、その能力がある人を雇用する必要があります。

サロン経営で集客できるようになるための「3つの選択肢+1」

  • 「集客がうまくいっていない」
  • 「集客に関するノウハウがない」
  • 「集客するために何をすればよいかが分からない

という場合、選択肢は3つあります。

  1. サロン経営者自身が「時間」を使って勉強し、自分で集客できるようになる
  2. 「お金」を使ってプロに外注する(コンサルタント、デザイナー、コピーライターなど)
  3. 「お金」を使って集客スキルがある人を雇用する

この3つのどれか、あるいは複数を選ぶことになります。

そして、外注や雇用を選ぶとしてもサロン経営者自身がある程度の知識がないと外注も指示も出来ませんので、経営や集客についてある程度の勉強は必要です。

経営者自身が「何をすればうまくいくのか分からない」という状態ではサロン経営は軌道には乗っていきません。

4つ目の選択肢?

選択肢としては上記の3つのはずなのですが、現実には多くのサロン経営者の方がこの3つの選択肢以外の選択をしています。

本来はないはずなのですが、4つ目の選択というものがあるのです。

それは、「何もしない」という選択、あるいは「先延ばし」にするという選択です。

「集客できるようになりたいものの、何をすれば分からない・・・」

そのまま、何もしない=何も変わらないままという選択を無意識的にでもしているサロン経営者は多いです。

サロン経営で10年後の生存率は5%、3年以内に潰れるサロンが大多数などと言われていますが、この4つ目の選択肢を選んでいると、集客できるようにならないままになり、サロンの安定経営、成功からは遠のきます。

また、集客や経営について勉強しないといけないとは思いつつ、

  • 「いつか・・・」
  • 「そのうち・・・」
  • 「今度・・・」

先延ばししている状態というのは、結果として「何もしない」というのと同じです。

この「何もしない」「先延ばしする」という4つ目の選択肢を無意識的にでも選んでいるサロン経営者の方が多いことも、サロンを開業したもののうまくいかず、廃業される方が多い要因の一つです。

「やらないといけないのは分かっているけど、まだしていない」というのは、結果として「やらないといけないことを分かっていない」というのと同じこと(行動していない状態)になります。

その状態でサロン経営が軌道に乗っていく可能性はかなり低いです。

サロン経営に限りませんが何かで成功しようという場合、

  • 「いつか・・・」
  • 「そのうち・・・」
  • 「また今度・・・」

などと先延ばしする人が成功できる可能性は極めて低いです。

成功する人は「今すぐ行動する」習慣を身につけている人です。

サロンの集客や経営を学ぶ3つの方法

サロンの集客や経営を学ぶ方法は主に3つあります。

  1. 本やノウハウサイトなどを読んで独学する
  2. 集客や経営に関するセミナーなどを受講する
  3. コンサルタントと顧問契約して随時相談する

これらの内、どれもしなければ自動的に4つ目の選択肢「何もしない」「先延ばしする」を選んでいる状態になります。

ここでも、「お金」を使うか、「時間」を使うかという選択になってきます。

1.独学する

独学するためには書籍代などは必要ですが、最もお金がかからない手段です。

ただし、分からないことを自分自身で調べたりなど、最も時間がかかる手段でもあります。

※ある調査によると、年収が数千万円を超えている人の読書量の平均は月間約10冊程度=年に120冊だそうです。

それに対して、年収が数百万円程度の人の読書量の平均は3~4ヶ月に1冊読むか=年に3冊程度だそうです。

つまり、年収数千万円以上の人と年収数百万円の人の読書量の差は40倍ということになります。

1年で120冊対3冊、10年経つと1200冊対30冊です。

読書量が40倍の差、10年間で1200冊対30冊による知識量・ノウハウ・スキルの差は相当なものになります。

「勉強家であること」は成功するための条件の一つというのは良く言われることです。

成功されている方というのは読書によって身に付けた知識やノウハウを実践し、試行錯誤を繰り返してまた勉強し、それを繰り返した結果として「能力・スキル」が上がった結果として、多くの利益を生むことが出来るようになっているのです。

勉強しただけで終わらず、「実践」すること、「経験」を増やすことが重要です。

「本を読む時間がない」という状態について

「仕事が忙しくて本を読む時間がない」と言って本を読まない人というのは、知識・能力・スキルを上げる機会を失っています。

その結果、「利益を上げる効率は低いまま」となり、お金を稼ぐために長時間労働する必要が出てきます。

そして、長時間労働しているので「仕事が忙しくて本を読む時間がない」という状態が続くことになってしまいます。

それに対して、忙しい中でも時間を作って本を読むようにし、知識・能力・スキルを上げて「利益を上げる効率を上げる」努力をする人もいます。

いきなり毎月10冊は読めなくても、まず月に5冊は読むようにするなど、少しずつでも努力を重ねていき、知識・能力・スキルなどを向上させると「利益を上げる効率」は上がっていき、「同じ額のお金を稼ぐのに必要な時間」は減っていきます。

または、「同じ時間働けば、より多くのお金を稼げる」という状態にすることも出来ます。

刃を研ぐ

「刃を研ぐ」という話があります。

ある旅人が森を歩いていると、木こりが木を切っていました。

見ると、のこぎりの刃がボロボロで見るからに切れ味が悪く、木を切る効率が悪くて無駄に時間がかかっているようでした。

そこで旅人は木こりに、「のこぎりの刃を研いでから切れば、もっと早く・効率よく木が切れるのではないですか?」と言いました。

すると木こりは、「木を切るのに忙しくて刃を研いでいる時間がないのです」と答えました。

刃を研いで効率を上げれば同じ時間でより多くの木を切れるようになるのに、刃を研ぐ時間がないと言って、効率が悪いまま仕事を続けているからずっと時間がないままになっているのです。

「仕事が忙しくて本を読む時間がない」と言って本を読まない人というのは、この木こりと同じ状態になってしまっているということです。

サロン経営で成功していく上でも、サロン経営者自身が「刃を研ぐ」努力をしながら経営している人か、「刃を研ぐ」努力をしないまま過ごしているかでサロン経営が成功するかどうかが大きく左右されます。

ビジネス書を月に10冊購入するのにかかる費用は15000円~2万円程度でしょう。

それは毎月の経費と考え、毎月の書籍代とそれを読む時間を「投資」するかどうかでサロン経営が軌道に乗るかどうかは大きく変わってきます。

現在成功されている方で、セミナーなどで講師が紹介した書籍は休み時間の間にその場ですぐにすべて注文していたという人もいます。

先輩や受講したセミナーの講師、ノウハウ系のサイトなど様々なところで紹介・推薦された書籍をその場ですぐに注文する人もいれば、推薦された書籍を読もうとしない人、「良さそうだな、今度読もうかな・・・」と思って先延ばしし、結局ほとんどの本を買わないままになるという人もいます。

先延ばしする人は結局行動しない人になってしまう場合がほとんどです。サロン経営に限らず、何かで成功しようと思うと、「先延ばし」という習慣は変える必要があります。

いきなり毎月10冊は読めなくても、最低毎月5冊は読むと決めるなど、自分自身で計画を立てましょう。

毎月10冊とすると、15000円~2万円程度の書籍代は毎月の経費だと考えるようにしましょう。

書籍代、本を読む時間を惜しむ人というのは、書籍代の何十倍、何百倍、それ以上の損失を出していることに気づいていない人です。

そこできちんと勉強してすぐに改善していれば、その何十倍、何百倍、それ以上の利益を継続的に生めたのに、それをしなかったから何も変わらず、利益を生み出せないままになっているという経営者は少なくありません。

勉強しない人、先延ばしする人は「(機会)損失」を出していることを認識していない、気づいていない場合が多いです。

経営者が(機会)損失を出してばかりでは経営は当然軌道には乗っていきません。

2.集客や経営に関するセミナーなどを受講する

セミナーなどを受講するには「お金」はかかりますが、講師が要点をまとめて教えてくれるため、独学で本を読んで勉強するのに比べると、短い「時間」で多くのことを学べる場合も多いです。

3.コンサルタントと顧問契約して随時相談する

経営やマーケティングなどのコンサルタントに相談するにはかなりの費用が掛かります。

ただ、本を読んで独学したり、セミナーを受講したりなどを行っても気づくことが出来ていなかったことを気づかされたり、自分では思いつかなかった戦略を立てるのに協力してもらえたりします。

お金はかかる分、同じ結果を得るのにかかる「時間」は少なくなる可能性は十分にあります。

2のセミナーなどを受講して勉強することや、3のコンサルタントへの相談をする場合でも1の独学も必要になります。

※自分自身が知識を身に着けていないとセミナーを受講しても何を言っているのかわからないことが多くなってしまいますし、知識がなければ相談する場合も何を相談してよいかわからないという状態になってしまいます。

勉強して知識が増えれば増えるほど、新しい課題はどんどん増えていきます。

課題が明確になるということは、それを改善すれば業績は上がりますので、「何をすればよいのかわからない」という状態からははるかに前進している状態です。

課題が明確になるというのは前進している証拠なのです。

ここでも4つ目の選択肢がある?

集客や経営方法を学ぶ方法として

  1. 本やノウハウサイトなどを読んで独学する
  2. 集客や経営に関するセミナーなどを受講する
  3. コンサルタントと顧問契約して随時相談する

という3つの選択肢のどれか、あるいは複数ではなく、4つ目の選択をする人もいます。

それは先ほどと同じように、「何もしない」または「先延ばしする」という選択です。

「サロン経営を成功させたい」という場合、4つ目の選択肢を選択すると、経営は軌道に乗らない可能性が高まることでしょう。

サロン経営で成功していくためには「技術・サービス」に加えて「集客」がとても大切