スマホだけでサロンに固定電話番号を導入する方法

エステサロンやリラクゼーション、美容室など各種サロンの予約方法はネット予約・オンライン予約が増えてきたとはいえ、お電話での予約はまだまだ多いもの。

個人サロンや自宅サロンなど小規模なサロンでは、サロン専用の固定電話を引いているサロンもありますが、セラピスト個人の携帯電話やIP電話のアプリを利用した050の番号でご予約を受け付けているサロンも多いですね。

固定電話番号の方が問い合わせは増えやすい

はじめてのお客様にとっては、携帯電話の番号より固定電話の方が安心感が高く、電話がかけやすいものです。

チラシや、ホームページやブログなどに掲載する電話番号は携帯電話番号より、固定電話番号の方が問い合わせが来やすくなります。

チラシや、ホームページ・ブログ・SNSからの問い合わせを増やしたいというサロン経営者の方は問合せ先電話番号は固定電話番号にするのがおすすめです。

しかし、外出中にも電話を取りたいからホームページには携帯の電話番号を載せているという方も多いでしょう。

そんな方にはスマートフォンで固定電話番号を利用できるサービスが便利です。

自宅サロンで自宅とサロンの電話番号を分けたい方にもおすすめです。

スマホで固定電話番号を使えるサービス

例えばNiftyが提供しているShamo!というサービスなら初期費用無料で月額900円で利用できます。

利用できる市外局番は今のところまだ少ないですが(Shamo!提供可能エリアはこちら)、対象地域の方なら初期費用もなく手軽に固定電話を導入できます。

オプションで時間外アナウンスもありますので、夜間など営業時間外にかかってこないようにすることも可能です。

他に、初期費用は5,000円かかりますが、月980円でスマートフォンだけでも、スマートフォン+固定電話でも同じ番号が使えるCITVPlusもあります。

もともと使っている電話番号でも導入できますので、すでに固定電話を置いていて、スマートフォンでも固定電話にかかって来た電話を受けたいサロンにもおすすめです。

着信時に料金がかからないので、固定電話にかかってきた着信をスマートフォンに転送するために「ボイスワープ」を利用している方は、乗り換えると月々の費用が安くなるかもしれません。(CITVPlusサービス提供可能エリアはこちら

リピート率・客単価が高いエステサロンのメニューとは

サロン経営で成功するには「価格戦略」より「差別化戦略」

サロン経営で成功するには「技術」だけではなく、「集客」も重要

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう