リピート率が高いエステサロンのメニューとは

エステサロンやリラクゼーションサロン経営者の方で新メニューの導入を検討されている方や、これから自宅サロンや個人サロンを独立開業される方にとって、「リピート率が高いメニューを導入したい」という方は多いです。

リピート率と客単価

サロン経営においてリピート率が高いことはもちろん重要です。

しかし、いくらリピート率が高くても近隣の他のサロンで同じようなメニューを提供しているサロンが多く、過当競争になってしまっていると値下げ合戦で低価格競争になってしまい、客単価が低くなってしまう場合もあります。

客単価が低くなってしまうと、リピーターが増えて忙しくなっても売上はあまり増えず、サロン経営が軌道に乗りにくくなってしまうこともあります。

自宅サロン、個人サロンで1人でサロンを経営されている方にとっては、顧客は増えたのに客単価が低くて売上・利益が増えないという状況になると、サロン経営面で好ましくはない状況なのに加えて、身体的な面でも疲労が蓄積したり、体調を崩してしまう要因になる場合もあります。

毎日多くの方に施術されることによって、ご自身が慢性的な疲労を抱えていたり、身体に痛みを抱えてしまっているセラピスト・エステティシャンの方は少なくないのです。

サロンメニューを選択する際にはリピート率の高さだけではなく、競合がまだ少なく、適正な客単価が見込めるかどうかも大切なポイントです。

自宅サロン・個人サロン経営で成功するためには

サロンの売上というのは「客単価×来客数」で決まります。

そのため、売上を上げるためには「客単価」「来客数」の少なくとも片方を上げる必要があるわけです。

この中で、「客単価」を下げて、「来客数」を増やす方向=低価格戦略をとり、いわゆる薄利多売型の経営というのは、自宅サロンや個人経営サロンが行うと「薄利多売」ではなく、「薄利少売」となってしまい、サロン経営がうまく行かない場合も多いです。

個人サロン、自宅サロンの経営者の方で、「近隣の大手サロンが○円でしているから、それより安くしよう」という考え方をされる方もいらっしゃいます。

しかし、サロン経営で成功するには「価格戦略」より「差別化戦略」の記事にある様に、低価格戦略というのは「強者の戦略」で、弱者がそれを行うとうまくいかない場合が多いのです。

※「強者」というのは地域内のNo.1サロンを指します。

エステサロン、リラクゼーションサロンなどで個人サロン、自宅サロンから開業して安定経営し、成功していくためには「弱者の戦略」=「差別化戦略」を取るべきなのです。

客単価を下げなくても(むしろ、客単価を上げても)リピート率が高くて、集客にも役立つメニューというのは、サロンの売上・利益に大きく貢献することになります。

近隣の他のサロンでも行われているメニュー・サービスはクーポンや値下げ合戦で客単価が低くなりがちなのに加えて、値下げで来店されるお客様というのは「値段で判断するお客様」の割合が高くなりがちです。

「値段で判断するお客様」というのは、他に近隣でもっと低価格で似たサービスを提供する店があれば、他店に流れてしまう場合も多いです。

地域内の他店と同じようなメニューで、価格勝負の経営をしてしまうと、お客様の中で「値段で判断するお客様」の割合が高くなってしまい、優良なリピート顧客の確保もしにくくなってしまいます。

サロンを安定経営させるためには、「値段で判断するお客様」ではなく、「サロン・メニュー・サービスを気に入ってくださり、値下げしなくても来店し続けてくれる優良顧客」を増やす必要があります。

ニッチな市場・商材・サービスを狙う

サロン業界に関わりませんが、個人事業主・小規模事業者~中小企業が扱う商材やサービスを考える際に「ニッチな市場」を狙うことが大切だと言われています。

「ニッチ」というのは、元々「すき間」という意味です。

後発の個人事業主・小規模事業者~中小企業が先行の大手と同じ土俵で勝負していては勝ち目はありません。

個人事業主・小規模事業者~中小企業は大手が狙わない小さな市場で、潜在的な需要がある市場(ニッチ市場)を狙う方が成功確率が高いのです。

大手と同じ市場で勝負すると、低価格競争に巻き込まれてしまいがちです。そして、同じ市場で価格勝負になると大手と違って個人事業主・小規模事業者~中小企業は疲弊してしまう場合が多いです。

それに対して、ニッチな市場で勝負すると市場規模は小さいものの、特定のニーズに合ったサービスを提供することで顧客は少々高い価格であっても、その価格を容認する傾向があるのです。

エステサロン業界の場合、地域内にある大手サロンと似たようなメニュー・サービスだけで勝負するのは経営的に得策とは言えません。

地域内にまだ競合が全くないか少なく、大手がまだ扱っていないメニュー・サービスを扱うこと=「地域内であなたのサロンにしかないメニュー」を導入することがサロン経営におけるニッチ戦略となります。

地域内で「あなたのサロンでしか受けられないメニュー」があれば、地域内でそのメニューに興味・関心がある顧客はあなたのサロンに来店されるわけです。そして、地域内で「あなたのサロンでしか受けられないメニュー」というのは多少高い価格であっても容認される場合が多くなり、サロンの客単価を上げやすくなるのです。

競合がまだ少ないメニューの優位性

地域内でまだ競合が少ないサロンメニューというのは、値下げする必要がなく、適正な客単価で営業しやすいことはもちろんです。

そして、地域内で競合がまだないメニューを導入していると、近隣の他のサロンとの差別化になります。

また、近隣の他店にはないメニューを導入していると、インターネットなどで調べて来店されるお客様も出てき、サロンの集客にも役立つことになります。

実際にスレッディング(蝶式糸除毛)かっさ排酸術をサロンメニューに導入されたサロン経営者の方にメニュー導入後の状況を伺うと、

  • リピート率がとても高いです。
  • 客単価を上げてもお客様が増えました。

というお声と共に、

  • 新規顧客も増えました。
  • 遠方から来店されるお客様も増えました。

と、近隣に競合がまだないメニューを導入したことが、集客にも繋がったというサロン経営者の方は多いです。

客単価を下げなくてもリピート率が高く、集客に役立つメニューを導入することが近隣の多店舗と差別化し、サロン経営で成功するために効果的な手段となるのです。

スレッディングを導入されたサロン経営者の方のお声

糸での脱毛技術でエステサロンの経営を成功させる

糸で産毛やムダ毛を脱毛するスレッディングという技術は日本ではまだそれほど認知度は高くありません。

しかし、アメリカではニューヨークやロサンゼルスなどでスレッディングが流行し、スレッディング専門サロンがどんどん増えています。

また、スレッディング専門サロンだけではなく、エステサロンやリラクゼーションサロン、美容室などでスレッディングをメニューに導入されるサロンが増えています。

日本でも近年、スレッディングをメニュー導入されるエステサロンやリラクゼーションサロン、美容室、ネイルサロン、まつ毛サロン、ブライダルサロンなど各種サロンが増えてきてします。

スレッディングをメニュー導入されたサロン経営者の方のお声を伺うと、

  • 思い切って客単価を高めに設定しましたが、リピート率がとても高いです。
  • 毛が生えてくる周期に合わせて3週間に1回くらい来店されるようになり、リピーターの方の来店頻度が上がりました。
  • 既存のメニューとのセットやオプションで提供し、客単価が上がりました。
  • スレッディングをご存知なかったお客様も珍しがられて、試しにやってみたいというお客様も多いです。
  • 近隣では他にスレッディングを提供している店がないので、遠方から来店されるお客様も増えました。

というサロン経営者の方が多いです。

サロンでのお客様からの反応・評判

スレッディングの美容面での効果やお客様からの反応・評判をメニューに導入されているサロン経営者の方々にお伺いしました。

効果をすぐに感じることが出来るので好評です。
一度の施術で感動される方がほとんどです。

(北海道 アイブランディング 本多憂美様)

お化粧ののりが良くなり、お顔の色がワントーン明るくなった。
ツヤが出た。濃くなる心配がなくなった。など喜びのお声をいただいております。

(愛知県 Y.Y様)

肌がツルツルになって化粧ノリがよくなるので、やみつきになるとすごく好評です。

(大阪府 Salon de YUMI様)

とても気に入ってくれて顔をやった人は次回腕の予約が入ったりします。

(神奈川県 N.K様)

手触りがいい・化粧ノリが良くなったと言われます。

(愛知県 K.H様)

腕はお客様が見ながらできるので「すご~い!」と喜ばれます。
顔も化粧ののりが良くなるそうです。
これから夏になるので、腕や足などもおススメできると思います。

(神奈川県 eyelash salon YUSYURE 黒木菜奈様)

ツルツルになり、化粧水の吸い込みがとても良いと、みなさん気に入っていただけています。

(兵庫県 C.T様)

顔のコンディションが大変良くなる

(愛知県 W様)

眉まわり、口まわりは皆さん喜んでくれる方が多いです。
蝶式糸除毛で整えた眉がくずれてくる頃がお顔のお手入れ時とわかると楽しみにご来店いただいていま す。

(千葉県 エステルーム花音様)

スレッディングを導入してから、サロン経営面でプラスになったと共に、お客様からも喜ばれているというサロン経営者の方が多いです。

スレッディング技術を1日で学ぶスクール

様々なスレッディング技術の中でも、台湾式の糸での脱毛技術:蝶式糸除毛は「痛みが少ない、衛生的」と導入されるサロン経営者の方々が増えています。

threading-school-ogp

蝶式糸除毛を1日で学ぶスクールはこちら

蝶式糸除毛と共に「かっさ」をサロンメニューに導入されるサロン経営者の方も増えています。

かっさを学ぶスクール

かっさを1日で学ぶスクールはこちら


サロン経営ナビのfacebookページが出来ました。
サロン経営ナビのfacebookページを「いいね!」していただくと、新しい記事など更新情報がfacebookのタイムラインに表示されます。