お客様にアンケートに協力していただいて、「お客様のお声」を集めるようにしましょう。

アンケートで「お客様のお声」を集めることが大切な理由

  1. 「お客様のお声」を分析してサービスの改善点を見つける
  2. 「お客様のお声」からターゲットのニーズや自サロンの強みなどを分析し、集客する際の文章(コピーライティング)に生かす
  3. サイトやブログ、紙媒体の広告物などに「お客様のお声」を掲載する

「お客様のお声」を分析してサービスの改善点を見つける

アンケートを集めると、自サロンの良い点、悪い点=改善すべき点が分かってきます。

サロン経営者やスタッフが気付いていなかった改善点やお客様のニーズに気づくことが出来るようになります。

そして、お客様のニーズ、自サロンの強みが明確になってくればなるほど自サロンの改善点が明確になります。

自サロンの改善点が明確になり、改善を行うと、より顧客満足度が高いサロンにしていくことが出来ます。

サロン経営者が自分自身の感覚のみで経営を行うと、独善的になってしまう可能性があります。

アンケートでお客様のお声を集めることで、お客様のニーズを参考にして見直しを行うようにしましょう。

集客する際の文章(コピーライティング)に生かす

アンケートで取得した「お客様のお声」をもとに

  • お客様のニーズ
  • お客様が自サロンを選ばれた理由=自サロンの強み

などが明確になると、それはサイトやブログ、チラシやパンフレット・フリーペーパーなど紙媒体の広告に集客するための文章を掲載する際の要素として重要なものになってきます。

「集客するための文章」を書く(コピーライティング)の第一歩は「ターゲットのリサーチ」
です。

自サロンの顧客層(ターゲット)のニーズを明確にすることで、そのターゲットに伝わる文章を書きやすくなります。

そして、その文章の質が上がれば、サイトやブログ、紙媒体の広告を見て来店される方の割合(反応率)を上げることが出来ます。

反応率が上がると広告の費用対効果は上がる
ことになり、より少ない広告費・手間でより多くの新規来店顧客を獲得することができるようになります。

サイトやブログ、紙媒体の広告物などに「お客様のお声」を掲載する

アンケートで取得した「お客様のお声」はサイトやブログに掲載したり、チラシやパンフレットなど紙媒体の広告物に掲載する素材にしましょう。

サイト(ホームページ)やブログなどに「お客様のお声」が充実しているかどうかは、インターネットからの集客に大きく影響します。

もし、お客様の許可が得られるようであれば、お客様のお声とともに写真も掲載するようにしましょう。

サロンの住所などの情報、メニュー料金程度しか掲載されていないサイトやブログと、「お客様のお声」や「写真」が充実しているサイトやブログとで、予約や問い合わせが多くなるのは圧倒的に後者です。

サイトやブログを閲覧している方にとって、「お客様のお声」や「写真」は「自分がそのサロンに行った際のイメージが膨らむ」ことにつながります。

そして、具体的なイメージが膨らめば膨らむほど、予約や問い合わせなどの行動を起こす方の割合は高まり、サイトやブログからの集客が増えることになります。

また、多くの人にとって行ったことがないサロンに初めて行くのは不安なものです。

「お客様のお声」や「写真」はサイト訪問者に「安心感」ももたらしてくれます。

「安心感」というのも、集客を行う上でとても大切な要素です。

アンケートの集め方

  • 「アンケートを集める方が良いのは分かるけど、中々協力してくれるお客様がいない」
  • 「一応、アンケートは記入してくれるけど、当たり障りない内容しか書いてくれないお客様が多く、サロンの改善に役立ったり、サイトなどに掲載できるお声が集まらない」

という場合は、アンケートにご協力いただくことに対して、何らかの特典を付けるというのも一つの手段です。

何らかの商品のプレゼントでも良いでしょうし、無料券や特別の割引などでも良いでしょう。

そうすると、積極的にアンケートに協力してくれ、サロンの改善に役立つ内容を率直に書いてくれたり、サイトやブログに掲載できる好意的なお声を書いてくださる方の割合は増える場合が多いです。

アンケートを集めるのにある程度の費用が掛かったとしても、それによって経営改善できたり、お客様のお声をサイトやブログに掲載することで集客が増えるようにすれば、アンケートの収集費用というのはとても効率が良い投資となります。

アンケートの項目について

アンケートの項目は極力選択式ではなく、記述式にしましょう。

アンケートの作り方については「A4」1枚アンケートで利益を5倍にする方法―チラシ・DM・ホームページがスゴ腕営業マンに変わる!がおすすめです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう