「将来的にエステなどのサロンを開業したいけど、未経験でも出来るのか不安」という方は多いです。

未経験者の方のサロン開業は多い

エステサロンやリラクゼーションサロン、ネイルサロン、アロマテラピーサロンなどを独立開業される方の中で会社員やアルバイト・パートとしてサロン勤務の経験があるという方もいます。

しかし、全く異業種の会社員の方や主婦の方で「エステなどのサロン勤務経験はないけど、独立開業した」という方も多いです。

自宅サロンや週末起業・副業の場合は未経験の方の割合も高い

自宅サロンや個人サロンなど小規模なサロンで独立開業するのか、はじめから従業員を雇用してサロン経営を行うのかにもよってきますが、特に自宅サロンで1人で開業される方の場合はエステなどのサロン勤務経験はなかった方の割合も高いです。

また、異業種の方が週末起業されて、はじめは副業としてサロン経営を行われるという場合もあります。

未経験の方はスクールや講座に参加して技術を学ぶ方が多い

サロン勤務経験がある方の場合はそこで学んだ経験を生かして独立開業される場合が多いですが、中には新たな技術を開業後のサロンメニューに取り入れるために開業準備期間中にスクールや講座に参加される方もいます。

エステなどサロン勤務をしたことがないという未経験の方がサロン開業する際は、サロンのメニューにする技術が必要ですので、開業する前に施術の技術を学ぶためのスクールや講座に参加される方が多いです。

スクール・講座の種類はいろいろとあり、期間や料金などは大きく違います。1日から数日だけの短期間の講座もあれば、数か月~半年程度通学するスクールもあります。また、通信制の講座などもあります。

中にはフランチャイズに加盟して独立開業される方もいらっしゃいます。

料金的には一般的には

1日~数日程度の講座<数か月~半年のスクール<フランチャイズの順に必要な料金は高くなります。

「将来的に独立開業したい」という異業種の会社員の方で、休みの日を利用して1日だけのスクールや講座に参加して技術を学び、家族や友人相手に練習されている方も多いです。

サロンのメニューを何にするかが重要

スクールや講座に行って技術を学ぶにせよ、フランチャイズに加盟するにせよ、「何の技術を学び、何をサロンのメニューにするか」という選択は開業後のサロン経営にとってすごく大切です。

「自分が好きだから」という理由だけで好きな技術・メニューで開業しても経営がうまくいくとは限りません。

サロン経営で集客し、成功するためにはメニュー構成での差別化が必要

 にあるように、サロン経営で新規顧客を集客し、成功するためには「何をサロンメニューにするか」がとても大切です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう