エステサロンに集客して成功する経営方法や自宅サロン独立開業の仕方

エステサロンの開業で知っておきたい成功するための経営方法

エステサロンの開業で成功する方法ノウハウ集

エステサロンの開業方法についてのノウハウ

自宅サロンや個人サロンでエステサロンやリラクゼーションサロンを開業をされる方は多いです。

開業前の準備段階でどれだけ情報を集め、準備を整えるかによってエステサロン開業後の成功確率は大きく変わってきます。

エステサロンの開業をお考えの方が、開業前に知っておきたい情報集です。

サロンを開業するのに必要な開業資金と運転資金

エステサロンを独立開業する場合、店舗用の賃貸物件を借りるのか、自宅サロンとして開業するのかによって開業資金や運転資金は大きく変わってきます。

開業のための資金だけではなく、開業後の運転資金も見積もっておく必要があります。また、赤字期間がある程度続く可能性を考慮して、その期間の生活資金も考慮に入れる方が良いです。

開業資金が少なくて済む自宅サロンから開業する方は結構いらっしゃいますが、自宅サロンでの開業にもメリットとデメリットがありますので、開業前に経営計画を練りましょう。

自宅サロンで独立開業するのに必要な開業資金と運転資金

エステやマッサージなど施術技術の学び方

もともと美容業界で働いていて施術の技術を身につけて独立開業する方もいます。

しかし、全くのサロン業界未経験からスクールや講習会などを受講して技術を学んで開業する方も少なくはありません。

フェイシャルエステやボディマッサージなどのエステサロン開業のための施術技術の学び方としては、独学、スクールを受講、フランチャイズに加盟などいくつかの方法があります。

施術技術は知識だけではなく、実技を学ぶ必要があるため、独学だけだと難しく、何らかのスクールや講習会を受講する方が多いです。

民間のスクールなどを受講して施術技術を学ぶ場合、重要なことは民間資格が取れることではなく、サロンを開業して営業するための技術を身につけられることです。

エステやリラクゼーションなどサロン開業のための施術技術を学ぶ方法

エステサロン開業のための施術技術を学べるスクールや講座というのは多数あります。

スクールによって価格や受講期間は様々で、ワンデイ(1日)のスクールもあれば、一定期間通学する必要があるスクールもあります。

スクールを選ぶ際に重要なことは、「何の技術をサロンメニューにして開業するのか」というところです。

後発で個人サロンや自宅サロンなどの小規模のサロンを開業する場合、近隣の他のサロンと同じようなサロンメニューだけで開業しても中々うまくいきにくのが現実です。

基本的なフェイシャルエステやボディマッサージのような技術は必要ではあるものの、ある意味、あなたのサロンの近隣になる他のサロンでも提供している競合が激しいサロンメニューとも言えます。

近隣の他のサロンにない、他店と差別化でき、競合が少ないサロンメニューを導入することがサロン開業ではおすすめです。

エステサロン経営で成功するためにはメニュー構成での差別化が必要

エステサロンなどのサロン開業をされる際、「(近隣他店にはない)何のサロンメニューを提供するか」を考えてスクールを選ぶのがおすすめです。

自宅サロンでのエステ独立開業資格と成功するためのスクール選び方法

エステサロンを開業するために資格や届け出は必要?

エステサロンを開業するための資格については、資格が必要なメニューを提供するのでなければ通常は必要ありません。

※まつ毛エクステを行うには美容師免許が必要など、技術によっては資格が必要な場合もあります。

民間のエステ開業スクールなどが発行しているディプロマ・修了証・技術合格証などはあくまで民間のもので、エステサロンを開業するために必須のものではありません。

自宅サロンや個人サロンを開業する場合、所轄税務署に個人事業主の開業届を提出する必要があります。

エステサロンの独立開業に必要な資格・届け出

サロン開業後の確定申告と税金

エステサロンを開業する際に個人事業主の開業届を税務署に提出すると、フリーランス・個人事業主として確定申告をして税金を納める必要があります。

青色申告特別控除があり、赤字を繰り越すことが出来て節税に有利な青色申告がおすすめですが、青色申告をするためにはあらかじめ税務署に「青色申告承認申請書」を提出する必要があります。

これから「個人事業主の開業届出書」を提出するという場合は「個人事業主の開業届出書」と一緒に「青色申告承認申請書」を提出されるのがおすすめです。

自宅サロン・個人経営サロンの開業後の確定申告と税金

青色申告を行うためには複式簿記が必要ですが、青色申告用の会計ソフトを使えば比較的簡単に青色申告での確定申告を行うことが出来ます。

自宅サロンの開業届出と青色申告での確定申告、税金

エステサロン開業後の成功率はたった5%って本当?

エステサロンを個人サロンや自宅サロンで開業される方は多いものの、成功率は決して高くないと言われたりします。一説には「10年以上存続できるサロン、成功出来るサロンは5%程度」などと言われることも。

「5%=開業した20人の内、1人しか成功できない」と考えると成功率は低いように思えます。

しかし、サロンを開業する人の全て事業・仕事として取り組んでいるとは言えません。自宅サロンや個人サロンを開業する人の中にはライフスタイルの一環として、半分趣味的に取り組んでいる人というのも少なからずいらっしゃいます。

事業計画を作成し、仕事として、事業としてサロン経営に毎日真剣に取り組まれているサロン経営者の方の中での成功率・存続率はもっと高いものになることでしょう。

エステサロンの独立開業後の生存率・存続率・成功率はたった5%って本当?

エステサロン開業のための5つの準備

今すぐではなく、「将来的に」「いつか」エステサロンを開業したいとお考えの方は多いです。

開業までに準備を整えておくことで、開業後のサロン経営は大きく変わってきます。

エステサロンを将来的に独立開業したい方が準備すべき5つのこと

サロン用の店舗用品、美容商材の揃え方

エステ用の施術ベッドやタオルなどの備品類、化粧品類やエステ機器などはサロン用品専門のネットショップを利用すると安く購入することが出来ます。

小ロットから仕入れ可能な卸売ショップなどもあり、開業資金を少しでも低く抑えたい場合はとても便利でおすすめです。

自宅サロン・個人サロン開業の際の店舗用備品・美容商材の揃え方

サロン開業後の集客方法についてのノウハウ

エステサロンを開業しようとお考えの方やサロン経営者の方で、施術技術を学んだりすることには熱心なものの、サロン経営方法や集客方法のノウハウを学ぶことには関心が低い方がいらっしゃいます。

しかし、実際のところ、エステサロンを開業して経営が軌道に乗るかどうか、成功するかどうかの境目は「施術の技術が高いか、低いか」という点よりも「集客が出来るかどうか」という点にある場合が少なくありません。

いくら施術の技術が高くても、サービスの質が高くてもお客様に来店してもらえなければサロン経営は成り立ちません。

個人サロンや自宅サロンを開業するということは、「サロン経営者」になるということです。経営者としてサロン経営方法や集客方法のノウハウを学ぶ必要があります。

とりわけ、多額の広告費を捻出する余裕が少ない場合が多い個人サロンや自宅サロンでは、低コスト行えるインターネットからの集客方法を学ぶことがおすすめです。

エステサロン経営で成功するには「技術」だけではなく「集客」も重要

エステサロン開業についての記事一覧

エステサロン経営で成功するためのメニューでの差別化戦略

【サロン経営者必見】サロン経営で成功するための差別化戦略とは?