自宅サロンでエステサロンやネイルサロン、リラクゼーションサロンなどを開業される方は多いです。

事業を開始する際は税務署に個人事業主の開業届出書を提出するのですが、自宅サロン経営者の方の中には「利益が出るようになってから開業届を出せばよい」と考えられている方もいらっしゃるようです。

自宅サロンの開業後すぐに青色申告がおすすめ

自宅サロンを趣味の延長的にではなく、副業であっても仕事として取り組んで収入を得ていこうという方は開業を決め、営業を始める際にはすぐに(事業の開始等の事実があった日から1か月以内となっています)税務署に「個人事業主の開業届出書」と共に「青色申告承認申請書」を提出して青色申告を行われることをお勧めします。

青色申告のメリット

  • 青色申告特別控除がある(複式簿記だと65万円、単式簿記だと10万円)
  • 赤字を3年間繰り越すことが出来る

控除に加えて、この赤字の繰り越しというのは開業したばかりの自宅サロン経営者の方には大きなメリットになります。

「利益が出るようになってから開業届を出せばよい」と考えて個人事業主の開業届を出さなかった場合、赤字期間の赤字はそのままになってしまいます。

例えば、副業的に自宅サロンを開業した場合で、開業後4年間の所得が

  • 1年目 赤字 -50万円
  • 2年目 赤字 -50万円
  • 3年目 赤字 -50万円
  • 4年目 黒字 +150万円

の場合、赤字期間の3年目までに開業届を出しておらず、4年目に黒字になって所得が生じてから開業届を出して確定申告をすると、4年目は課税所得があるので、税金を払うことになります。

それが、はじめから「個人事業主の開業届出書」を出し、「青色申告承認申請書」を出して確定申告すれば赤字期間がはじめの3年間あったとしも、その赤字は繰り越せるのです。

  • 1年目 赤字 -50万円
  • 2年目 赤字 -50万円
  • 3年目 赤字 -50万円
  • 4年目 黒字 +150万円

の場合だと、3年目までの赤字50万円+50万円+50万円=150万円は4年目に繰り越すことが出来、4年目は単年では150万円の黒字で所得があっても、課税所得としては150万円-150万円(3年分の赤字の累積)=0となります。

この例の場合は青色申告をしていると、4年目の課税所得がゼロになってくれるのです。(分かりやすいように控除などは無視しています。)

自宅サロンでも赤字になっている感覚を持つ

自宅サロンの経営者の方の中には、自宅サロンだとサロンの家賃や光熱水費、通信費など経費がかかっている感覚があまりなく、利益が出ていなくても「大きな赤字になっている」という感覚があまりない方もいます。

しかし、自宅サロンであってもサロン部分の面積比率から家賃を経費に出来ますし、光熱水費や通信費なども経費に出来るのです。

1人で自宅サロンを開業し、あまり売上が上がっていない間も

  • サロンの家賃
  • 光熱水費
  • 通信費
  • 新聞図書費 サロン開業のために購入した書籍など
  • 研修費 受講したスクール代金など
  • 仕入れ 備品や化粧品類など
  • パソコン関連、ソフト代(会計ソフト、写真編集ソフト、ホームページ作成ソフトなど)

様々なものを経費としてつけていると、年間にすると結構な赤字額になっていることは少なくありません。

そして、その赤字を繰り越せるかどうかが黒字になった1年目の税金に大きく関わってきます。

青色申告をする節税以外のメリット

青色申告をすると記帳義務が生じます。(2014年からは白色申告でも記帳義務があります。)

会計、経理、記帳、仕分けなどと聞くと敷居が高く感じられる方もいらっしゃいますが、今は個人事業主向けの会計ソフトや青色申告ソフトがあり、会計ソフトの使い方に慣れさえすればそれほど難しいものではありません。

会計ソフトを使って記帳をしていると、単式簿記も複式簿記もそれほど大きな違いはなく、青色申告で確定申告をするのも比較的簡単です。

そして、会計ソフトを使って日々の仕分け、記帳、経理業務~決算、確定申告(青色申告)を何年かおこなっていると、経営者として必要な会計知識や経営感覚というものが少しずつ身についてくるものです。

自宅サロン開業後すぐに税理士さんと顧問契約するのは費用も掛かりますし、税理士さんに丸投げしていると会計や確定申告、税金について何も知らないままになってしまう可能性もあります。

個人事業主として1人で自宅サロンを開業される方の場合はある程度は自分で会計ソフトを使って青色申告で確定申告をされることをお勧めします。

税理士さんと顧問契約するのは事業規模が大きくなっていき、スタッフを雇用したり、法人化したりする段階になってからでも良いでしょう。

無料から気軽に導入しやすいクラウド型の会計ソフト

最近では、freeeなどクラウド型の会計ソフト・青色申告ソフトもあります。


freeeのようなクラウド型の会計ソフトは無料でもスタート出来、はじめからソフトを購入するよりも気軽に試してみることが出来ます。

弥生会計でもクラウド版があり、初年度無料で使うことが出来ます。

やよいの青色申告オンライン



青色申告ではなく、白色申告の場合はやよいの白色申告オンラインを使うとカンタンです。


サロン経営ナビのfacebookページが出来ました。
サロン経営ナビのfacebookページを「いいね!」していただくと、新しい記事など更新情報がfacebookのタイムラインに表示されます。