エステサロンやリラクゼーションサロン、ネイルサロン、整体院などのホームページやブログではサロンメニューについてのページがあると思います。

そして、サロンメニューのページで、「サロンメニューの詳細・説明」を書いているのをよく見かけます。

集客するためにはキャッチコピーの書き方が大切

ホームページやブログでサロンに集客するためには、メニューの詳細や説明文よりも、「お客様にとって、その施術を受けることで得られる利点・メリット」を先にお伝えする方が「伝わる率」が上がり、予約や問い合わせに繋がる「反応率」が上がる可能性が高いです。

ホームページやブログの訪問者はキャッチコピーを見て興味を持たなければ、そのページをじっくり読もうとは思いません。

キャッチコピーで興味を持たれなければ、流し読むか、ページ本文を読まずにサイトから離脱してしまいます。

まず、キャッチコピーでお客様にとってのそのメニューの利点を伝え、興味を持たれなけれることが重要です。

ほとんどの人はそのメニューの詳細について初めから興味があるわけではありません。

キャッチコピーで、サロンに来店してそのメニューの施術を受けることで

  • 自分にとって利点・メリットがある
  • 自分が抱えている問題点が解決できる

ことを感じられると、興味を持たれ、ページ本文を読もうという姿勢になります。

メニューの詳細の説明を読もうという気になり、予約や問い合わせにつなげるためには、まずキャッチコピーで興味を引くことが必要です。

効果的なキャッチコピーを書くためには

ブログやホームページにアクセスしてきた人の興味を引くことができる、効果的なキャッチコピーを書くためにはまず「ターゲットのリサーチ」が必要です。

ターゲットを絞らずに万人に向けて書いたキャッチコピーというのは心に響く人がおらず、反応率が低くなる場合が多いです。

よく、「誰でも良いから来店してほしい」と考えると、「誰も来ない」になると言われます。

ブログやホームページでサロンに集客しようと思うと、ターゲットを絞り、「誰に向けて書くのか」ということを明確にする必要があります。

例えば、年代だけでも

  • 20代の独身の会社員
  • 30代~40代の子育て世代
  • 50代以上で子育てが終わった世代

のどこをサロンのターゲットとしているかでもコピーの書き方は変わってきます。

ターゲットを絞って明確にし、そのターゲットが何を求めているかをリサーチすることがとても重要です。

相手が求めていることを提供できることを伝えると、自ずと興味を持たれやすくなります。

相手はそのメニューの詳細情報をはじめから求めているわけではありません。

多くの人は

  • 自分が抱えている問題点を解決できること
  • 自分の悩みが解消できること
  • 自分に利点があること
  • 楽になること・簡単にできること
  • より良い未来

には興味があるのです。

サロンのターゲット、あるいはそのメニューのターゲットとなる人が何を求めているかをリサーチし、分析しましょう。

例えば、「肌をきれいにしたい」と思っている人と、「関節などの痛みを解消したい」と思っている人とでは興味を持たれ、心に響くコピーというのは変わってきます。

キャッチコピーでは

  • あなたが抱えている問題点を解決できること
  • あなたの悩みが解消できること
  • あなたに利点があること
  • 楽になること・簡単にできること
  • あなたにとってより良い未来

などを伝えるようにしましょう。

これはホームページやブログでの集客だけではなく、チラシやフリーペーパーへの広告など、紙媒体の場合も同じです。

ブログやホームページで集客できるサロンのメニューページの作り方

サロン経営で集客し、成功するためにはメニュー構成での差別化が必要

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう