かっさや排酸術、糸での脱毛などアジアの伝統美容法のスクールを開催している台湾美容技芸発展協会

温活かっさで冷え症対策 身体を温めるツボ5選

本場のかっさスクール、かっさ・経絡講座

顔のかっさはもちろん、ボディのかっさの方法も学べる実習中心のかっさ・経絡1day講座を不定期で開催しています。

本場のかっさを学べるかっさ・経絡講座の詳細はこちら

かっさで身体を温めよう 温活カッサ

冷え性対策にツボをかっさして身体を温めよう

寒い時、体が冷えた時にツボを刺激して身体を温めることは昔から行われてきました。

かっさをした後は身体が温まって「体がポカポカする」「汗ばんできた」という経験をされた方は多いのではないでしょうか。冬場は温活や冷えとりのためにもかっさは人気です。

かっさプレートで何となく体をこすってもポカポカしてきますが、身体を温めるツボを意識してかっさすると、より体が温まりやすくなります。

温活かっさにおすすめの身体を温めるツボをご紹介します。是非ツボを意識してかっさしてみてください。

身体を温めるツボ5選

身体を温めるとされるつぼ(経穴)を5つご紹介します。

ツボの周辺をかっさプレートでかっさしたり、ツボを刺激してみてください。

かっさプレートがない時は指でツボ押ししても良いですよ。

肩井(けんせい)

肩井穴のツボ 温活カッサ

肩井(けんせい)は左右の両肩にある足少陽胆経のツボです。

肩井のツボの周辺を牛角かっさプレート魚型や無痕かっさ板でかっさしたり、肩井のツボを押しましょう。

肩をかっさする際に使いやすいかっさプレートとしては全身オールマイティに使える牛角かっさプレート魚型が人気です。

プロのセラピストの方にはかっさの施術に使いやすい牛角かっさプレート円錐型(牛の角型)も人気です。

陽池(ようち)

身体を温めるツボ 陽池穴

陽池(ようち)は小指と薬指の骨の間を手首に向かってなでていくと指が止まるくぼみがある、手首のところにある手少陽三焦経のツボです。

陽池のツボの周辺をかっさプレートでこすったり、陽池のツボを刺激するようにしましょう。

ツボをピンポイントで刺激したい場合は牛角ツボ押しかっさ棒が使いやすいです。

かっさプレートが手元にない時は指でツボを刺激してもOKです。

神闕(しんけつ)

神闕穴(しんけつ)のツボで身体を温めよう

神闕(しんけつ)はおへそにある任脈のツボです。

神闕穴のツボの周りを時計回りにかっさプレートでかっさしてみましょう。

※おへそ自体はかっさしません。

湧泉(ゆうせん)

湧泉(ゆうせん)は足裏にあるツボ

湧泉(ゆうせん)は足裏にある足少陰腎経のツボです。

湧泉穴の周りをかっさしたり、ツボ押しするようにしましょう。

足裏マッサージは有名ですね。足裏の反射区をかっさで刺激することで身体を温めるだけではなく、様々なマッサージ効果が期待できます。

足裏の反射区をかっさでマッサージ

足裏かっさには牛角ツボ押しかっさ棒が使いやすいです。

大椎(だいつい)

大椎穴 督脈にあるツボ(経穴)

大椎(だいつい)は首の後ろ側にある、督脈のツボです。

大椎の周りをかっさプレートをクルクル回して揉むようにかっさすると良いです。

大椎のツボは背中をかっさするときも大事なところです。

背中かっさの方法

背中はかっさ痕が出やすいところです。背中のかっさをする際にかっさ痕を出したくないという場合は無痕かっさ板がおすすめです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
SNSでフォローする